いんぎら~っとしていきまっし。

☆主婦の目から見た身近な金沢情報☆ スィーツや美味しい物、映画のレビュー、MINIのコトや日々のコト。


■ いんぎら~っとしていきまっし。TOP ■
(金沢弁で 【ゆっくりしていって下さい。】という意味です。)



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『かぶら寿司』と『大根寿司』 

今日の秘密のケンミンショーで、
金沢の『かぶら寿司』が紹介されていました。

かぶらと寒ブリの麹漬け。
かぶら寿司ももちろん好きだけど
一般庶民、下々の私達には
『大根寿司』がポピュラーです。

かぶらの代わりに、大根。
ブリの代わりに、ニシン。
でも、うちはサバで作ります。
各家庭で味が違うようですね。

いつもはお正月に食べられるように
義母が作ってくれるんですが
今年は作らなかったみたい。
あぁ、食べたいなぁ。
なんだかんだでウチの大根寿司が
やっぱり一番美味しい🎵

かぶら寿司

2016/02/11


スポンサーサイト

【かぶら寿し】と【大根寿し】 

金沢では、この頃の季節の食べ物として、

【かぶら寿し】【大根寿し】が有名です。

「寿し」と言っても、本当にお寿司な訳ではなく、

かぶらや大根を、鰤(ぶり)や鰊(にしん)と一緒に

麹(こうじ)漬けにしたものです。

大根寿し


【かぶら寿し】【大根寿し】

石川県加賀地方の伝統的な郷土料理で、

加賀百万石の藩政時代、

武家出入りの魚屋が、お得意様へのお正月進物用として

【かぶら寿し】が考え出されました。


【かぶら寿し】は、かぶらと鰤(ぶり)の麹漬けで、

【大根寿し】は、大根と鰊(にしん)の麹漬けです。

昔は、かぶら寿しは高い身分の者が食し、

一般の人たちは

【大根寿し】を食べていたと考えられています。



現代、家庭であまり作られなくなってきましたが、

おばあちゃん世代は

まだまだ美味しい大根寿しを作ってくれてます♪

よく頂く、各家庭で作っている大根寿しは、

大根と鰤(ぶり)の組み合わせが多いと思います。

ご飯にも合いますが、

お酒にも、とってもよく合うんですよね~♪


2009/01/11

【芝寿司】の『笹寿し』 

【芝寿司】 は、金沢市保古3丁目が本店で、

石川県、富山県、福井県の、

北陸三県に店舗があります。

『笹寿し』 は、 に出ている店舗以外にも、

普通にスーパーで買えますし、

お土産や、地域のイベント等のお弁当にもよく使われるので、

子供の頃から慣れ親しんだ食べ物の一つです。

笹寿し1

 よく見かけるのは、鮭と鯛が入った、このタイプ☆

笹寿し2

私と子供達は、特に鮭が好きなのですが、

鮭5つ、鯛5つのセットなので、

私はいつも、鮭は1つしか当たりません(涙

笹寿し3
 これは、鯛☆


HPで、鯖もあるって 初めて知ったので、

今度食べてみようかな♪


2008/12/17

Cinema & Books
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!


Honya Club.com

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

セシール
リサーチコミュニティ
新規モニター登録
ブログランキング
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック


デル株式会社