いんぎら~っとしていきまっし。

☆主婦の目から見た身近な金沢情報☆ スィーツや美味しい物、映画のレビュー、MINIのコトや日々のコト。


■ いんぎら~っとしていきまっし。TOP ■
(金沢弁で 【ゆっくりしていって下さい。】という意味です。)



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

美川 県一の町 

美川県一の町


石川県白山市 (旧石川郡美川町) にある

美川下水処理場 (北陸自動車道沿い) の

【美川 県一のまち】

と書かれた水槽塔です。

北陸自動車道を走っていると

小松ICと 美川ICの間の海側 に見えます。



これは、美川憲一さん本人も快諾されている看板なのですが、

この度、老朽化のため撤去されると言うので

昨日、近くまで行って ゆっくり見てきました(笑



下記は、H20年 2月24日の

『北國新聞』のコラム

【時鐘】に書いてあった文章です。


********************

「あれは素晴らしい。よう考えなはったなぁ」。
落語家の桂文珍さんが石川県庁の
観光創造会議で語ったことがある。

手取川河口近くにある
「美川県一の町」の看板のことである。

合併で町の名も消えて三年、
名物看板は遠からず姿を消すというので、
あらためて見に行ってきた。

黄色地に黒字で書かれていて、
歌手・美川憲一さんの舞台衣装顔負けの派手な色と大きさだ。
文珍師匠が脱帽の体だったのも分かる。

元々賛否両論あった。

設置当時の町当局からは
「目立たない看板は看板ではない」という
強烈な一言を聞いたこともある。

看板の役割を明快に言い切っているが、
何をもって目立てばいいのかが難しいのである。

どの看板も「目立たなくては」と主張しだしたら、
街中ならばたちまち景観破壊となるだろう。

色か。大きさか。それとも言葉のセンスやユーモアか。

目立ち方にもいろいろある事を
問い掛けて消えて行くなら価値はあり、
景観行政の在り方を考えさせる記念碑として語り継がれるだろう。

「わたしはもう十分なのよ」とは
廃止を聞いた美川さんのコメントだった。

そう、目立つだけの存在ならもう十分だ。

********************



隣には広場があり、

すぐ横に、海が広がっていました。

良いお天気だったので、気持ち良かったです♪


美川県一の海




【美川 県一の町】

石川県白山市 (旧石川郡美川町、北陸自動車道沿い)
美川下水処理場の水槽塔。


関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

Cinema & Books
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!


Honya Club.com

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

セシール
リサーチコミュニティ
新規モニター登録
ブログランキング
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック


デル株式会社